2018年8月パキスタン ラホールからフンザへ行く方法

f:id:kapibaramitti:20181001125113j:plain

NATCOのバス。

 

 

 

こんにちは。みっちーです。

 

 

 

 

今回は、パキスタンのラホールから北部のフンザまでの行き方について紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、ラホールからフンザまで直接行けるバスがないので、

ラホール→イスラマバード(ラワルピンディー)→ギルギット→カリマバード(フンザ

というルートになります!

 

バスと乗り合いバンを利用!

 

 

 

①ラホールからラワルピンディーまで

 

ラホールからラワルピンディまでのバスはDAEWOO社というバスがおすすめ。

 

 

一日7本ほど出ており、

7時30分、9時、11時、13時、15時、17時、21時

でした。

 

 

ラワルピンディに泊まらないでそのまま行きたかった僕は、ラホール13時発のバスに乗りました。

 

 バスの値段は、800ルピー(800円)

(VIPのバスに乗ると1600ルピー(1600円)になります。)

 

 

バス停は市街地から少し離れています。

 

僕はリーガルインターネットインから行ったのですが、Grabを利用しました。

 

 

140ルピー(140円)くらいだった気がする。

 

 

メトロのバス的なのを利用するともっと安く行けるみたいです。

 

 

ラホールのDAEWOOバスターミナルはここ。

 

 

 

 

 

僕はラホールではリーガルインターネットインという宿に泊まっていました。

 

 

 

ちなみにリーガルインターネットインというゲストハウスから行くとこんな感じ。

 

 

 

 少し遠いですね。

 

 

 

ラホールからラワルピンディまでは3時間30分-4時間くらいです。

 

 

 

僕は13時のバスに乗って16時30分くらいにつきました。便によってもかかる時間はバラバラだそうです。

 

 

 

f:id:kapibaramitti:20180927201024j:image

DAEWOOバスターミナル@ラホール

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180927201026j:image

DAEWOOのバス。とても快適。水が飲み放題です。

 

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180927201021j:image

機内食も付いてきました。ハンバーガーとポテトチップスとチョコのお菓子。

 

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180927201029j:image

こちらがDAEWOOのバス。

 

 

 

 

 

 

 

②ラワルピンディからギルギットまで

まず、DAEWOO社のバスを利用してラワルピンディまで来た場合は、DAEWOO社のバスターミナルに到着します。

 

 

 

DAEWOO社のバスではギルギットへ行くことができないので違うバスターミナルに移動。

 

 

 

 ここがDAEWOO社のバスターミナル。

 

 

 

 

NATCOというパキスタン政府のバスターミナルがピールワダイというところにあるのでそちらにこのバスターミナルから移動しなければならないのですが、タクシーやGrab、リキシャーを利用すると600-1000ルピーくらいします。

 

 

 

僕は乗り合いバンを利用して近くまで行き、そこから歩いてNATCOのバスターミナルに行きました。

 

 

 

DAEWOO社沿いにある大きな道路を反対側に渡ってそこを通るバンにピールワダイか確認して乗りましょう。

 

 

 

謝ってもバスターミナル側の道路を通るバンに乗らないように!!

 

 

 

f:id:kapibaramitti:20180927201104j:image

50ルピー。

 

 

 

 

DAEWOOバスターミナルからNATCOのバスターミナルまで15Kmくらい離れています。

 

 

 

 

ここがNATCOのバスターミナル。

 

 

とてつもなく大きなバスターミナルなので一瞬でわかると思います。

 

 

ピールワダイというみたいなのですがグーグルマップで検索しても出て来ません。

オフラインマップ等でピンを打って登録しておくことをおすすめします。

 

 

ちなみにDAEWOOバスターミナルからバンを利用するとここら辺で下ろしてくれるのでここから歩きましょう。10分くらいで着きます。

 

 

 

 

写真を載せておきます。

 

 

 

f:id:kapibaramitti:20180927201146j:image

とても交通量が激しかった。人もハエも尋常じゃない。

 

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180927201149j:image

上から見るとこんな感じ。

 

 

 

 

 NATCOのバスターミナルに着いたらまずは切符を買いましょう。

 

ここのバスターミナル、実はNATCO以外もたくさんのバス会社があります。

 

 

 

1番のおすすめはNATCOです。少し値段は張りますが、政府が介入しているだけあって安全面も快適面も一番良いかと思います。

(僕はお金を持っていなくてローカルバスに乗ったら地獄だった。笑)

 

 

 

ギルギットまで2100ルピー(2100円)です。

 

 

 

バスの時間は1日7本くらい。

5時、9時、10時、18時、20時、21時、23時とかだった気がする。(うる覚えです。)

 

 

 

主に夜発のバスになります。

 

 

 

 

所要時間は18-26時間。。笑

 

 

 

 

このバスのルートは崖崩れなどが起きやすく時間を読むことが難しいみたいです。

僕は、行き18時間。帰り22時間でした。

 

 

 

時間には余裕を持って行動した方が良いです。

このバスに乗る際には、途中検問の為のパスポートコピーが10枚ほど必要になります。

 

 

 

バスターミナル60ルピーくらいでコピーすることができるので事前に持っていなくても大丈夫です。

 

 

 

 

f:id:kapibaramitti:20180927201321j:image

こちらがNATCOのバス。

 

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180927201311j:image

途中の休憩場所。

 

 

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180927201318j:image

バスからの景色。とても綺麗だった。

 

 

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180927201315j:image

検問所。標高が高く、寒かった。

 

 

 

このバスは途中、2、3回ほど休憩がありました。

 

 

 

 

なお、トイレは着いていないので気をつけてください。 

 

途中で我慢できなくなったら運転手に言うと止まってくれます。(野糞)

 

また、このバスのルートは揺れが半端なく激しいです。

 

 

 

 

震度6並みの揺れが常に観測できます。

 

 

 

 

そのせいで一睡もできませんでした。

 

 

 

 

 

③ギルギットからカリマバード(フンザ

 

 

ギルギットに到着すると、同じバス停からアリアバードまたはカリマバードまで行く乗り合いバンがあります。

 

 

 

こちらのバンは、人数がいっぱいになったら出発するシステムなので運が悪いと1時間2時間くらい待たないといけなかったりします。。

 

 

 

ちなみに、ギルギットからアリアバード、カリマバードまでは1時間30分くらい。

 

 

 

240ルピーです。

 

 

 

 

 

 

ギルギットのバス停はここだった気がする。。

 

 

 

僕は特に何もすることなくギルギットをスルーしました。

 

 

 

バンに乗ること1時間30分。。。

 

 

 

無事にフンザへたどり着くことができました。

 

 

 

 

④かかったお金

・ラホール→ラワルピンディ 940ルピー

・ラワルピンディ→ギルギット 2150ルピー

・ギルギット→カリマバード 240ルピー

 

合計:3330ルピー(3330円)

 

 

 

⑤かかった時間

・ラホール→ラワルピンディ:4時間

・ラワルピンディ→ギルギット:19時間(バスターミナル間の移動も含めて)

・ギルギット→カリマバード:1時間30分

 

合計:24時間30分

 

 

なお、バスを待っている時間などを含めたら30時間くらいでした。。笑

 

帰りは26時間くらいだった。

 

 

 

 

⑥まとめ

パキスタンフンザへ行く人の大半がこのルートだと思います。

 

 

長時間バスも乗っていたら慣れるのですが、揺れがとてつもなく激しいのでそこらへんも気をつけて欲しいです。

 

 

また、治安面も特に危険を感じませんでしたが、途中、検問などありました。

 

 

5年前くらいにテロも起きているみたいです。

 

 

自分の身は自分で守りましょう

 

 

 

 

この長時間バスの超えたら天国(フンザ)が待っているので頑張って欲しいです。。

 

 

f:id:kapibaramitti:20180927201351j:image

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180927201348j:image

 

 

 

 

以上、ラホールからフンザへの行き方でした。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。