ガンジス川のほとりで毎日行われる礼拝「プジャー」がとてつもなくエモかった

f:id:kapibaramitti:20180919155148j:image

こんにちは。みっちーです。

 

 

今回は、僕がバラナシに訪れた際に毎晩見に行っていたエモい礼拝の儀式があるのでそちらを紹介したいと思います。

 

 

では、早速綴っていきまーす!

 

 

僕は、2018年の夏旅ではバラナシに2日間だけ滞在しました。

 

 

とても短い。。

 

 

というのも僕の旅程はパキスタンとインドを回るにはとても短い期間だったので急がなくてはいけなかったから。

 

 

それはそうとも、バラナシは特に見所というのもなくガンジス川の朝日と夜に行われるプジャーという礼拝の儀式くらい。

 

 

バラナシに訪れるのは今回で2回目。

 

 

実は儀式というものに興味がなかった僕は前回訪れた際にプジャーの儀式を見に行かなかった。

 

 

宿にいるみんなからの評判はとても高い。

 

 

今回、初めて見に行くことにしたのだ。

 

 

礼拝の儀式は、夜の19時からガンジス川のメインガートの辺りで行われるらしいんだが、とても人気らしく近くで見たい場合は1時間前くらいから居座った方がいいらしいということで18時くらいに行くことに。

 

 

 

訪れた時はまだ外は明るく、人もそんなにいなかった。

礼拝の儀式が行われる周辺には準備が始まっていた。

 

 

 

そして、続々と時間が経つにつれて人が辺りは人集りに。

 

 

 

f:id:kapibaramitti:20180919155256j:image

インド人9割

観光客1割

って感じでインドの空気を味わえるし、雰囲気もめっちゃ良い。

 

 

辺りは明るい太陽のような蛍光灯で照らされているのでかなりエモい。笑

 

 

 

そんなこんなで礼拝の儀式はスタート。

 

 

 

f:id:kapibaramitti:20180919155438j:image

 

 

 

始まる前に5分くらい観客も含めてみんなで歌を歌う。

 

 

 

そして、壇上に上がる5人が上がってきて礼拝の儀式が始まった。

 

 

 

f:id:kapibaramitti:20180919155550j:image

 

 

 

壇上に上がっていた男の人たちはカーストでは一番上のバラモンという階級らしい。

 

 

エリートというかスター的な存在なのかな。。

 

 

インドには法律上ではカーストはなくなっているのだがやはりまだ残っているものもある。。

 

 

 

 

 

そんなこんなで礼拝の儀式を見ていたらあっという間に終わってしまった。

 

 

 

 

 

時計を見たら21時くらい。

 

 

 

一瞬の2時間だった。

 

 

 

 

僕は、途中から写真を撮るのに必死になっていた。

僕以外のインド人も同様。

 

 

 

やはりインド人にとっても珍しい光景なのだろうか。

 

 

 

 

僕的かっこいい写真を何枚か載せておきます。

 

 

 

 

f:id:kapibaramitti:20180919155800j:image

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180919155735j:image

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180919155748j:image

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180919155828j:image

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180919155148j:image

 

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180919155710j:image

 

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180919155654j:image

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180919155720j:image

 

 

 


f:id:kapibaramitti:20180919155813j:image

 

 

 

 

このガンジス川のほとりで行われる礼拝の儀式「プジャー」は基本的に一年中毎晩やっているみたいなのでバラナシ滞在中は是非とも行って欲しい。

 

 

 

インドのエモさを感じることができます。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。